About

【人口問題】 東京都の市区町村別10年間の合計特殊出生率

出生数が減っているらしい


日経新聞の記事『出生数、初の100万人割れへ 少子化止まらず』という記事がバズっていますね。
出生数、初の100万人割れへ 少子化止まらず

2016年生まれの子どもの数が100万人の大台を1899年の統計開始以降で初めて割り込む。98万~99万人程度になる見通しだ。20~30代の人口減少に加え、子育てにかかる経済的な負担から第2子を産む夫婦が減っており、少子化の進行が改めて浮き彫りになった。社会保障制度を維持していくためにも、政府の人口減対策や子育て支援の充実が一段と重要になっている。
引用)日本経済新聞

じゃあ合計特殊出生率は?Tableauで見てみよう!


二人目を生む人が少なくなっているらしいです。

これ、実際どういう人たちが二人目を産まなくなっているんでしょうか。






ということで、都の統計資料を利用して、東京都の市区町村別合計特殊出生率の推移を見てみました。
2004年から2014年まで、東京都の合計特殊出生率を市区町村別に見てみます。



全体的に、色が濃くなってきています。合計特殊出生率は少しずつ上がっているようですね。
一方で、右側の都市部の地域では、色が薄いままです。

では、それぞれの市区町村別に見てみましょう。


中心部エリア:(豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区など)
→都心部だと、色が薄いです。合計特殊出生率が低いですね。
中心部辺境エリア(葛飾区、荒川区、足立区、江戸川区、江東区等)
→埼玉、千葉の県境になると色が濃くなります。合計特殊出生率が上がります。
中央線沿線エリア(中野区、杉並区、武蔵野市、三鷹市、小平氏、国分寺市等)
→色が比較的薄いので、合計特殊率が低いです。
西部エリア
→色が全体的に濃く、合計特殊出生率が高いです。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/chosa_tokei/jinkodotaitokei/kushityosonbetsu.html

ちなみにこちらが最新の2014年度の合計特殊出生率です。

市区町村 合計特殊出生率
千代田区 1.34
中央区 1.35
港区 1.39
新宿区 0.97
文京区 1.13
台東区 1.22
墨田区 1.22
江東区 1.33
品川区 1.14
目黒区 1.05
大田区 1.19
世田谷区 1.10
渋谷区 1.02
中野区 0.99
杉並区 0.99
豊島区 1.00
北区 1.20
荒川区 1.34
板橋区 1.16
練馬区 1.21
足立区 1.37
葛飾区 1.37
江戸川区 1.39
八王子市 1.19
立川市 1.26
武蔵野市 1.17
三鷹市 1.16
青梅市 1.27
府中市 1.40
昭島市 1.37
調布市 1.31
町田市 1.24
小金井市 1.34
小平市 1.40
日野市 1.35
東村山市 1.26
国分寺市 1.17
国立市 1.24
福生市 1.33
狛江市 1.19
東大和市 1.37
清瀬市 1.16
東久留米市 1.43
武蔵村山市 1.38
多摩市 1.22
稲城市 1.41
羽村市 1.38
あきる野市 1.43
西東京市 1.25
瑞穂町 1.29
日の出町 1.54
檜原村 0.84
奥多摩町 0.94

もっと細かく見たい人は、上のTableauのマップをいじってみてください。



もっと細かく見たい人は、上のTableauのマップをいじってみてください。

まとめ

・ 全体的には合計特殊出生率は上がってきているが・・・・
・ 都市部の中心部(高所得層が多く住むエリア)は合計特殊出生率が低い
・ 中央線上の合計特殊出生率が低い


以前記事にしましたが、実はこの合計特殊出生率が低いエリアは、高齢出産が多い地域です。
また、待機児童問題が多発しているエリアでもあります。

【東京都の市区データでひも解く】 なぜ少子化になるのか

これは悩ましいですね。人口増えているエリアなんだから、ちゃんと子供埋める環境作らないと、増えないです。

おすすめ記事


【データで見る】2016年度の東京都待機児童率を地図化してみた


【人口問題】 東京都の市区町村別に過去10年の合計特殊出生率を見てみる


消えゆく職業、これから消える職業を見たら、公教育は時代の要請からかけ離れすぎていた


【教育格差】データで見たら、人生は想像以上にただの課金ゲーだった話


【データで見る】公立・私立・国立小学校先生の年収と学歴に差はあるのか


【データで見る】小学校受験をさせるメリット ー私立・国立小学校の教育の実態ー


【データで見る】小学校受験をさせたメリット ーどんな小学生がいるのかー


『学力と階層(刈谷剛彦)』読んでみました。


【市区町村、私立、国立、公立小学校と中学校のいじめの比較】いじめが多いのはどこか


【東京都の市区データでひも解く】 なぜ少子化になるのか


【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました


【地域間格差】東京都の家賃相場、国立中学校進学率、私立中学校進学率を比較してみました


保育園義務教育化(古市憲寿 )読んでみました。書評


スポンサーリンク

Read more↓

書評














教育











キャリア

プログラミング・ライフハック

About me


・ 最近The Academic Timesというアカデミック専用メディアを立ち上げました。