About

もし保育園を義務教育化をすると、日本はこうなる! 『保育園義務教育化』をまとめてみた(古市憲寿 )

『保育園義務教育化』を読んでみました。






保育園に当たり前に落ちる日本で、もし保育園を義務教育化したらどうなるのか


都内では、保育活動と呼ばれる壮絶な幼稚園探しで多くのお母さん、お父さんが苦戦しています。保育園がなくて仕事をやめなければいけないお母さんもたくさんいますね。


もし保育園を義務教育化したら、日本はどうかわるのでしょうか。
今回は社会学者の古市さんによる、『保育園義務教育化』という本を読んで、まとめてみます。

「日本は、一人っ子政策がしたいとしか思えない」古市

保育園が不足している。何かと子育てに関して母親のほうが責任が重い。こんな日本で子供を産めるわけがないと古市さんは主張します。
高額な出産・育児費用。なかなか見つからない保育園。不足している育児支援の仕組み。子育てのしにくい労働環境。「お母さん」に対して異様に厳しい社会の目線……。  子どもを減らしたい国の政策だったら、惚れ惚れしちゃうくらいに完璧だ。

保育園を義務教育化する3つのメリットとは


そこで、これらの問題を解決するために古市さんは保育園を義務教育化してしまえばいいのではないかと提言しています。保育園を義務教育化することで、これらのメリットがあります。

メリット① 少子化問題を解決できる


もし保育園を義務教育化すると、少子化問題を解決できます。
現状、子どもを生んだとしても、保育園がなくて仕事をやめなければならないというプレッシャーがあり、どうしても子どもを生むことに億劫になります。


ところが、もし保育園を義務教育化すれば、もし仕事をしていたとしても、安心して仕事をしながら、保育が行えます。

メリット② 日本の労働力不足が解決できる

さらにもう一つのメリットは、日本の労働力不足が解決できる点です。
現状、子どもか働くかで悩み、子供のために寿退社してしまうと、どうしても専業主婦から復職が難しいです。


もし保育園教育が義務化されれば、保活のために仕事をやめる必要はありません。なので女性が働ける環境がうまれ、結果として労働力不足が解決できるのです。


とくに今の時代、仕事がどんどん女性化しています。そんな中で女性が労働力として活躍できるように保育園を義務化することは、とても大きなメリットがあります。

メリット③ 日本全体の教育の質がパワーアップする


保育園を義務教育化する最後のメリットは、日本全体の教育レベルが大きく向上する点です。様々な研究が証明していますが、教育で一番伸びやすい(いわゆるコスパがよい)時期は幼児期です。


古市さんいわく

「保育園義務教育化」はただ少子化解消に貢献するというよりも、社会全体の「レベル」を上げることにつながる。良質な乳幼児教育を受けた子どもは、大人になってから収入が高く、犯罪率が低くなることがわかっている。
さらに

つまり、質の高い乳幼児教育を全ての子どもに受けさせることができれば、日本全体の犯罪率が減ったり、失業保険や生活保護受給者が減るのだ。

しかし、どうしても家庭環境の違いによって、幼児期に受けられる教育には差が出てしまいます。そこで保育園を義務教育化することで、どんな子どもにも質の高い幼児教育を与えることができるので、結果として日本全体の教育の質がパワーアップします。

つまり、たとえ貧しい家に生まれても、質の高い就学前教育を受けることができれば、高い学歴を手にし、安定的な雇用を確保し、犯罪などに走ることが少ないということが証明されたのだ。

幼稚園・保育園を義務教育化するメリットは計り知れない

こう考えると、保育園を義務教育化するメリットは計り知れないのではないでしょうか。
いますぐ着手できるとうれしいですね。



保育園義務教育化をアマゾンで見る



保育園義務教育化
保育園義務教育化
posted with amazlet at 17.07.15
古市 憲寿
小学館
売り上げランキング: 12,571

スポンサーリンク

Read more↓

書評














教育











キャリア

プログラミング・ライフハック

About me


・ 最近The Academic Timesというアカデミック専用メディアを立ち上げました。