教育格差写真集

このエントリーをはてなブックマークに追加
教育格差について、日本にはいろいろなデータがあるので、様々なグラフを交えてご紹介します。

1. 親の収入と高校卒業後の進路

  • 年収が高いほど、4年生大学進学率が高まる。
  • 年収が高いほど、高校卒業後の就職率は低くなる。
文部科学省より引用)
(出典)東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター「高校生の進路追跡調査第1次報告書」(2007年9月)


2. 大都市圏近郊中都市における受験塾への通塾別学力分布


  • 学力が上がるほど通塾層が増加する
  • 学力が上がるほど非通塾層は減少する


3. 大都市圏近郊中都市における父親の学歴別学力分布


  • 学力が上がるにつれて父親が大卒率が増加する


4, 家庭学習時間別・世帯所得別の算数学力平均値


  • 年収が上がるにつれて、学習時間が増加する



(出展 ベネッセ教育総合研究所 学力格差とペアレントクラシーの問題

5. 東大生の家庭の年収分布


  • 東大生の家庭では年収950万円が半分以上



(出展 東大生の親は、わが子だけに富を密輸する 武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文)


6. 世帯年収別の子供の学力



  • 世帯年収があがれば上がるほど、子供の学力平均は増加する

7. 年齢学歴別年収比較(男性、女性)


  • 大卒学歴と、高卒では年齢が上がるにつれて賃金に差が開いていく



出展 Teach for Japan

8. 世帯年収と大学進学率


  • 世帯年収があがるほど、学歴も上昇する


(出展 NPO法人 エディケーションエーキューブ

0 件のコメント:

コメントを投稿